視力の調整 

最近では、名古屋などで視力低下が深刻になっており、問題になっています。視力低下として多くあるのが老眼です。老眼は、視力低下で一番多くあったことですが、今では、近視が一番多くなり、目に負担をかけている日常生活を送っています。そのため、老眼は、年配だけでなく、若者でも老眼の症状になっています。

老眼と遠視は、同じような症状をしているため、勘違いをすることがあります。症状は似ていても原因は全く異なるので、しっかりと原因を知っておくことが必要になります。遠視の場合、角膜の影響によって、交わる視点が網膜を通り過ぎた場所でピントがあっている状態になります。一方、老眼は、水晶体の弾力性が衰えることで、調整力することができなくなっている状態を言います。そうなると、近くのものがぼやけて見えます。老眼は、40代から50代になることが多くあります。

老眼は、年齢とともに起こります。そのため、乱視や近視、遠視などの状態と老眼が一緒になると視力の調整が難しくなるので、老眼対策として、レーシック手術を行う人が多くいます。名古屋では、老眼対策をするためにレーシック手術を行っている人がおり、中には近くが見えて、遠くがぼやける人もいます。そういった症状を改善するために行うレーシック手術は、さまざまな方法があります。遠近両用と白内障に対応しているレンズを埋め込むことや目の中にカメラを埋め込むなどのいろいろな手術があります。老眼レーシック手術の場合は、眼球の中に物を入れて対応することが多くなるので、抵抗を感じる事も多くあります。しかし、術後しばらくすると違和感なく過ごすことが出きるようになります。
名古屋にある各クリニックによって施術方法などがことなるので、よく調べて行うことが大切になります。