問題の乗り越えた手術

名古屋で最近、とても注目されている手術として、視力を回復させることができるレーシック手術があります。メガネやコンタクトレンズを使って生活している人のほとんどが知っている手術です。また、名古屋などの雑誌やテレビでも取り上げられることが多くなっています。そのため、目が悪くない人でもレーシック手術のことを知っている人が多くいます。

レーシック手術は、屈折矯正手術になります。屈折矯正手術は、歴史があり、昔から視力回復の施術が行われていました。始まりは、1800年代から屈折矯正手術が始まっています。1800年代後半に角膜をメスで切って屈折手術を行なっています。その後、1939年に初めて日本で切開による屈折矯正手術が成功し、視力回復をしました。しかし、手術は、成功しても術後の経過で角膜に濁りがでて、見えにくい状態になりました。
そして、1972年にソ連で角膜の前面だけを切開する新しい方法で手術を行われました。そこでは、角膜の濁りが解消されましたが、完成制度としては、低く満足行く結果を得ることができませんでした。
1980年代からアメリカやギリシャでレーザー機器が発明され、ミクロの単位で施術を行なうことが可能になりました。そういったことができるようになったため、アメリカでは、レーシック手術が人気になりました。
日本では、2000年にアメリカで開発されたレーザー機器を使って屈折矯正手術を行い始めました。

日本では、手術を行なう時は、最終手段と言う考えがあることや失明したらなどの不安要素があるため、手術に踏み込むことができない人が多くいます。しかし、最近では、年々と認識や実績数も増えており。安全性が徐々に広がっています。その結果、毎年何十万人の人がレーシック手術を受けています。医療の進化によって、安全に行うことができることや施術方法の増加、施術時間も数分で終わり、1日で済みます。名古屋や東京などの全国で行うことが出きるようになっています。